映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「長襦袢から30分で着る」講座のご案内 | main | 仕立て直し黒地羽織 >>

木綿のお着物

作品名 木綿のお着物
制作者 Y.Tさん

 

 


生徒コメント
初めて縫うお着物。おうちで気軽に着られるよう、木綿で作りました。思いの外、色落ちする布で、水通しから苦戦。縫う時も指が青く染まりました。
覚つかない手付きでしたが、先生に教えていただいた通りに縫い進めていたら、いつの間にか完成していました。(魔法のように。)
最初は難しく思った運針もだんだん楽しくなってきて、ずっと縫い続けていたいと思うようになってきました。着物の構造や部位の名称もよくわからないまま始めたので、次回からは全体をイメージしながら縫い進められるようになりたいです。

ちょっとコメント
着たことがないくらい、身体にぴったり吸い付くように着れることでしょう。

それはどういう事かと言うと、着付が格段に楽であり、長時間着ていても着崩れしないという事です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025356
この記事に対するトラックバック