映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

花火見物ディナー:6月2日 18:30 横浜駅マンジャーレ アートグレイス
沖縄染織いざなふの風:6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仕立て直し黒地羽織 | main | 有松絞りの浴衣 >>

夏塩沢に合わせた帯

作品名 夏塩沢に合わせた帯
制作者 冨谷 さと子 さん

 

 

 

生徒コメント
「心よきもの展」で、飾ってあった夏塩沢が以前から欲しくて、購入を決め、その着物に合う帯をとの希望に、直美先生が予算内で見繕って下さいました。
かっこいい系の粋な帯!! 私好みです!!(似合う似合わないは別として)
夏に着られるように早く仕上げましょうと、ほとんど先生におんぶに抱っこで、早く仕上げさせていただけました。
絹の張りのある生地のため、ただでさえ針の下手な私でしたが、ますます苦戦しましたが、本当に何度もチェックをして直して下さる先生のおかげで縫い終わることができました。
この帯に合う銀座結びもいつかマスターしたいです。
ご指導ありがとうございました。

ちょっとコメント
これ麻地だと思えるくらい張りがありますけど、絹です。撚りを多くかけるとこの風合いになります。

夏芭蕉とうたっている生地をよく見かけますが(芭蕉は全く入っていません)それと同じです。

着たときのお写真ありがとうございました。グレー地の紗夏塩沢にこの帯!素敵な女性で輝いて見えてました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025358
この記事に対するトラックバック