映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏塩沢に合わせた帯 | main | 秋桜の浴衣 >>

有松絞りの浴衣

作品名 有松絞りの浴衣
制作者 A.M さん

 

 

 


生徒コメント
有松に所用で行く機会があり、せっかくなので有松絞りの浴衣を買ってみました。8月に着たいと思い、くけを宿題にしていただいて、なんとか5回で仕上がりました。
浴衣は初めてで、単衣の仕立てと同じかなと想像していましたが、裏の始末が色々簡略化されていて面白かったです。耳ぐけも結構楽しい・・・。

ちょっとコメント
毎年6月の第一土曜日と日曜日が、有松絞り祭りがあり、賑わっています。

一次は衰退してしまい、応援のつもりで行っていましたが、ここ数年人気が出てきていると感じるのは私だけでしょうか。

私も随分前に雪花絞りをオーダーしに行ったことがありました。

やっぱり絞りは良いなと、作品を見ていたらまた行きたくなりました。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025361
この記事に対するトラックバック