映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 有松絞りの浴衣 | main | 10月のお教室 >>

秋桜の浴衣

作品名 秋桜の浴衣
制作者 Y.T さん

 

 


生徒コメント

全く初めての作品です。作り易いとうかがったので、浴衣にしました。改めてよく見ると、直したい箇所がたくさんありますが、今回はこれが私の精一杯だった気がします。
先生が一つひとつ丁寧に教えて下さったので、初めての記念の作品が仕上がりました。大切にします。知識や技術はもちろんのこと、色柄のチョイス等わからないことばかりで、これから自分の目を養わなくてはと思っています。


ちょっとコメント
この夏、きっと活躍してくれていると思います。遠慮なく工房においてある様々な着物はてにとって見ていってください。

やっぱり見て実際に着物と帯と帯揚げ帯締めとコーディネートを置いてあれこれ動かさないと磨かれません。

アッこれッというものが分かってくると思います。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025362
この記事に対するトラックバック