映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なごみ連載 第2回「長襦袢こそ大切に」より | main | なごみ連載 第4回「シワのない着姿にするためには」より >>

なごみ連載 第3回「寸法の調節、していますか?」より

今年27年1月から淡交社さんの「なごみ」にて、山本秀司が「美しい着姿のために」と題して連載をご依頼いただいていました。

 

第3回タイトル「寸法の調節、していますか?」

誂えた長襦袢のトラブルに多いのが、身丈が長くできてしまうことです。おはしょりをとらないで着ることが多い長襦袢の場合、「身丈」や「裄(背縫いから袖口までの長さ)」の寸法が長めにできてしまうと、長着の裾や袖口から長襦袢が出てくるので困ります。出来上がった長襦袢が自分の指定寸法より「足りない」ことに恐怖や不安を感じやすい傾向にあるのは普通ですが、長くなるよりは短めに転んだほうがよい例がここにあります。

〜冒頭より抜粋〜

「なごみ 2016年3月号」にご興味のある方はこちら

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025367
この記事に対するトラックバック