映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なごみ連載 第5回「「くりこし」って何ですか?」より | main | なごみ連載 第7回「夏の汗対策」より >>

なごみ連載 第6回「中座の際の着姿チェック」より

今年27年1月から淡交社さんの「なごみ」にて、山本秀司が「美しい着姿のために」と題して連載をご依頼いただいていました。

 

第6回タイトル「中座の際の着姿チェック」

一日着物で出かけた時には、途中どこかで着姿のチェックをしたいものですよね。着付には時間がかかりますし、しっかりと帯で押さえてあるため出先で大がかりには直せないものの、簡単なチェックで着姿を綺麗にできるのはうれしいことです。

〜冒頭より抜粋〜

「なごみ 2016年6月号」にご興味のある方はこちら

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025369
この記事に対するトラックバック