映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なごみ連載 第3回「寸法の調節、していますか?」より | main | なごみ連載 第5回「「くりこし」って何ですか?」より >>

なごみ連載 第4回「シワのない着姿にするためには」より

今年27年1月から淡交社さんの「なごみ」にて、山本秀司が「美しい着姿のために」と題して連載をご依頼いただいていました。

 

第4回タイトル「シワのない着姿にするためには」

今回は、シワについて考察してみたいと思います。着物を着る上で何か困ったことはありますかと問いかけると、シワになって困るという声がよく聞かれます。これは特に若い方に多い事例なのです。着物ビギナーで着付け技術が未熟だからだとか、年ごとに着方がうまくなれば解消されるなどと考えてしまいそうですが、そうではありません。

〜冒頭より抜粋〜

「なごみ 2016年4月号」にご興味のある方はこちら

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025371
この記事に対するトラックバック