映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

吉岡政江展:2月20日〜3月20日、工房サロンにて開催します
生徒作品展:4月19日(金)〜24日(火) きるものがたり展’18 そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 12月のお教室 | main | 横段柄紬 >>

羽織から帯へ

作品名 羽織から帯へ
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

羽織だったものを解いた状態で譲られた生地は、濃い橙色が印象的でした。ずっと放置されていたものが、機会を得て生かすことができました。しかも、欲しいと思っていた夏向きの帯になり、嬉しく思います。着物と違って工程が多くないので、すぐ形になるのも楽しかったです。

新しい着物もよいのですが、手元にある受け継いだものを一枚づつ自分に合った形に整えてゆくことが楽しみになってきています。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025374
この記事に対するトラックバック