映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 横段柄紬 | main | エンジ干支柄単衣小紋 >>

ジュニア用名古屋帯

作品名 ジュニア用名古屋帯
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

8歳の子にできるだけ楽に着物を着せたいので、振袖地で半幅帯の作品をご指導頂きました。二重の文庫風など飾り結びを毎年工夫してきましたが、11歳を過ぎると、後ろ姿がちょっともの足りなく見えるようになりました。ちょうどかわいい本人好みの小紋柄の端ぎれを見つけたので、今度は名古屋帯に挑戦してみることに。

いつもながら、よく仕組み(特に三角のところの作り方)が分からないのですが、おかげ様で可愛く仕上がりました。とても柔らかくて軽いので、しめても楽だと思います。次の帯はいよいよ袋帯になるでしょうか。それとももう少し本格的な名古屋にしようか、今から楽しみで迷ってしまいます。


やまもとコメント
何をどんな形にしようか悩めるのは、それだけ知識も腕も抽き出しが出来てきた証拠ですよ。喜ばしい事!ぜひ楽しく計画してくださいね。山本はどんな事があっても完成に導きますからご安心ください。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025375
この記事に対するトラックバック