映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 羽織から帯へ | main | ジュニア用名古屋帯 >>

横段柄紬

作品名 横段柄紬
制作者 R.T さん

 

 


受講生徒コメント

母の単衣の着物を袷に仕立て直しました。
山本先生にご指導を頂いて10年。やっと言われていることがわかるようになりました。和裁の入口に立てたのでしょうか。最近は縫うということがとても楽しくなりました。これからもいろいろな物に挑戦していきたいと思います。


やまもとコメント
のんびりでOK「覚えなくちゃ!」というプレッシャーが全くないのが山本のスタイルです。こんな大きな作品もコツコツやれば完成できる物づくりを楽しんでもらうのがコンセプトでした。

逆に一人でも出来るようになりたいセミプロを目指す方もいますよ。

カリキュラムがないというのも特徴。針の持ち方が分かれば、難しい直し物や振袖に挑戦する人もいます。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025381
この記事に対するトラックバック