映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年末恒例「まかない半襟付」講座のご案内 | main | ハギ入りの袷 >>

立涌縞帯

作品名 立涌縞帯
制作者 K.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

出会いは2年前(?)くらいの「心よきもの展」でした。
大人な感じの縞にあこがれ、心惹かれつつも、他に心奪われ、日々が流れました。
今年の春の心よきもの展で ”まだ嫁に行ってなかったのね”的に再会し、”待っててくれてありがとう”と私の帯になりました。
納得のゆく1本と感じてます。


やまもとコメント
織楽浅野さんの帯です。地紋の織目ひとつ一つを緻密に計算されたからこそ見えてくる絶景です。ただ何げなく「良く」見える、その裏側は大変な努力の末の賜物なんですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025382
この記事に対するトラックバック