映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジュニア用名古屋帯 | main | 北欧風?な名古屋帯としぶい色の半巾帯 >>

エンジ干支柄単衣小紋

作品名 エンジ干支柄単衣小紋
制作者 N.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

色々な干支の柄が入っていて面白いなと思いました。
生地がやわらかかったり伸びたりと、縫うのも糸こきも難しかったです。単衣だとくけの縫い目が目立つので、もっときれいに縫えたらな・・・と思います・・・。


やまもとコメント
そのとおり単衣は,難しいのです。そのなかで一番難しいのは何だと思いますか?

それは「雨コート」です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025384
この記事に対するトラックバック