映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初の新春初売り開催 | main | ラオス製シルクの袷 >>

クリーム色の紬

作品名 クリーム色の紬
制作者 K.藤井 さん

 

 

 


受講生徒コメント

知り合いからいただいた袷を単衣に仕立て直しました。
縫い目が目立たない生地だったので、縫いやすくてよかったです。ただ、衿をくける時に、表に縫目が出ないように気をつけたつもりだったのに、何ヶ所かやり直しをしなければなりませんでした。くけるのはやっぱり大変でした。次回はもう少しうまくくけられるようになりたいです。


やまもとコメント
綺麗な大島です。

藤井さんにぴったりに作り直されて生き返ったよう。きものも喜んでいるようですね。寸法の割り出しは私がお客様のを仕立てる時の寸法の出し方と全く同じで、時間をかけて吟味しています。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025385
この記事に対するトラックバック