映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 平成29年「新春のつどい」のご案内! | main | 中学生の職業体験 >>

胴抜き仕立ての洗い張り小紋

作品名 胴抜き仕立ての洗い張り小紋
制作者 Y.S さん

 

 

 


受講生徒コメント

実家のタンスに長年ねむっていた着物を、洗い張りして仕立て直しました。
洗い張りをしても生地が硬くて、針が通りにくくて大変でした。
今秋に着て、お出かけしたいです。


やまもとコメント
洗い張りをすると少し硬くなるのが常です。艶と張りを持たせるために糊を適量入れるためですが、コレも人それぞれの好みの具合で推し量られますので洗い張りの出来ぐあいも、千差万別なわけです。

なので店によって違いがありますので、好みに合うように伝えるのも一考です。

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025387
この記事に対するトラックバック