映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< タイシルクで帯 | main | 平成29年「新春のつどい」のご案内! >>

藤の花の襦袢

作品名 藤の花の襦袢
制作者 M.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

結城紬の着物の袖から少し見えたらいいなと思い、斬新な色と柄を選びました。
襦袢の着やすさと着付けで、着物の着心地がとても変わります。以前に縫った襦袢がとても役立ち、すっきりと着物が着れる事に気づきました。ご指導のもと縫い上げることが出来ました。袷の季節が待ち遠しいです。
運針が上手になるよう心がけ、頑張りたいと思っております。


やまもとコメント
受講する生徒には、山本の仕立ての他との違いなど説明する時間がないのですね、出来上がって着ていただいてびっくりして感想をいただく。「そうそう!そうだったんだよ」といつも後付けの解説です。

逆に初めて作る長襦袢が山本ですと、それがあたり前だと思っていて違いには気付かない訳です。そういう方はよそで作った襦袢を着て、「なんだ?」「違う!」となります。

間違えないように自分の寸法表を持ち込み、この寸法で作ってくれと伝えても無理ですし、クレームとしても理解していただけません。以前、寸法表をデパートや呉服店に持ち込んだ受講生は「こんなのありえない!何十年やってて見た事ない。お客様間違えてますよ」とまで言われたそうです。

形が似てても、着心地は非なるものなのです。

 

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025389
この記事に対するトラックバック