映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なごみ連載 第8回「涼しさを呼ぶ素材とは?」より | main | なごみ連載 第10回「衣替えの着物お手入れ」より >>

なごみ連載 第9回「着物が一番傷む季節は夏場!」より

今年27年1月から淡交社さんの「なごみ」にて、「美しい着姿のために」と題して連載のご依頼をいただいていました。

 

第9回タイトル「着物が一番傷む季節は夏場!」

着物は皆さんの体と同じタンパク質でできているということを忘れてはなりません。そう考えると体と着物は一心同体なわけです。なかったはずのシミや変色が現れ、傷んでいたなんて経験はありませんか。傷むとは即ち生地が化学変化を起こしていると考えてもいいでしょう。その作用は、この季節の高温多湿の環境下で、一年でもっとも好条件になってしまいます。

〜冒頭より抜粋〜

「なごみ 2016年9月号」にご興味のある方はこちら

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025391
この記事に対するトラックバック