映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 十三参り | main | 付下げ >>

黒紋付羽織の仕立て直し

作品名 黒紋付羽織の仕立て直し
制作者 Y.H さん

 

 

 


受講生徒コメント

夫の母が遺してくれた黒紋付羽織を仕立て直しました。最初は羽織以外のものをと考えましたが、裏地を長襦袢地に替えやはり羽織にしました。
義母は行事の折にこの羽織を着ていたそうですが、華やかな裏地に替わった羽織を気に入ってもらえると思います。


やまもとコメント
ご主人様の記憶の中に,この羽織を着ていたお母様が浮かび上がるのは,言葉に表さずとも奥様に感謝しているのではないでしょうか。こういう事が出来る着物は本当に素晴らしいと思います。

黒い羽織も,裏地を粋に丈も長くしてモダンに生まれ変わりました。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025398
この記事に対するトラックバック