映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラオス製シルクの袷 | main | 藤の花の襦袢 >>

タイシルクで帯

作品名 タイシルクで帯
制作者  Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

タイへの旅行時、同行者の希望で、現地で有名なシルクメーカーの生地工房のような場所に行く事が決まっており、帯用にと生地を選んできました。
南国ですので、大柄の派手な者が多く、無難なものを探した結果、少し地味な物になってしまった様にも感じておりましたが、日常使いには良かったと思います。
反物からでなくともきちんと形になると、次も現地で探してこよう!!と楽しくなります。


やまもとコメント
どんな生地からでも(極端な例外もありますが)帯につくる事が出来ます。柔らかいもの弱いもの!諦めずに気に入った生地がありましたらご相談ください。

http://麻の広幅地で北欧風な名古屋帯制作 

http://羽織り〜帯へ  

http://バティックで帯 

http://手作り生地で帯.- 

http://お土産のテーブルクロスで帯-

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025400
この記事に対するトラックバック