映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「グランド・ジャット島の日曜日の午後」 | main | 8月のお教室 >>

茶の帯

作品名 茶の帯
制作者 A.岩橋 さん

 

 

 


受講生徒コメント

友人が帯を購入するのにアドバイスが欲しいとのことでついて行き、私と友人共に気に入り、取り合いになった帯地です。自分で仕立てると言うと、呉服屋さんは「帯は難しいですよ」と心配してくださいましたが、すでに7本程仕立てていたので、自信を持って持ち帰りました。
久しぶりの名古屋帯に悪戦苦闘しましたが、先生の御指導と仕上げで無事できあがりました。ありがとうございました。


やまもとコメント
自分で仕立てるといっている「お客様」に「難しいですよ」とは、なんとまあ失礼なっ。と思うのは私だけかなぁ。エゴが見え隠れしている様を感じてしまう。帯を売り渡すこともありますが、そんな言葉を使うことは私には到底考えられませんが、考え過ぎかな!?

物づくりを楽しんでいただけるのは、何とも有り難い事です。その延長で私どものコーディネートしている商品をと言ってもらえる事はホントに嬉しいですね。ピン〜キリですのでご遠慮なく何でも聞いてください。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025403
この記事に対するトラックバック