映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黒紋付羽織の仕立て直し | main | 初心/初めの一歩 >>

付下げ

作品名 付下げ
制作者 Y.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

紬が好きで何枚か縫ってきましたが、心機一転、やわらかものに挑戦です。
付下げで、柄合わせもあってと、初めてでドキドキしながら縫いました。明るくキレイな色目の反物は、縫っていても楽しかったです。


やまもとコメント
すっきりとした飛び柄の付下げは、無地感覚で着れながら一ランク格高な装いが出来るので使い勝手がいいアイテムです。

柄の付け方も絞りですし可愛らしく、色も明るく若々しいきものですね。

初心者でも簡単に導きますのでご安心くださいね。山本流の針の持ち方と運針技法がそれを実現しています。

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025404
この記事に対するトラックバック