映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大きな麻の葉模様の秩父銘仙 | main | 色補整した白山紬 >>

草木染 御召花織

作品名 草木染 御召花織
制作者 K.S さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房で色に魅せられた着尺です。草木染めなので、何とも言えない色合いです。何色と言ったらよいのでしょうか?
手元の二冊の色辞典ではわかりませんでした。色無地なので、縫い紋1つを入れていただきました。
相変わらず手作業は遅く、先生のお手を煩わせることが多く恐縮ですが、楽しく教室通いをさせていただいております。よろしくお願い申し上げます。


やまもとコメント
画像では現せない独特の深みのある、いいお色なのです。浮き織になっている地紋が渋さの中で光りますから、いちだんと奥行きが生まれます。

Sさんこれからも私達の手を、どんどん煩わせてくださいね。年だとか遅いとか全く気にかけないでください。私どもの方がSさんの笑顔に触れられるのが幸せなのです。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025409
この記事に対するトラックバック