映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「袷着物の裁ち方講座」のご案内 | main | 格子柄小紋 >>

紬の袷

作品名 紬の袷
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

袷に入りました。白っぽい地色のものがあればと思っていて、母の遺した物の中に、この生地を見つけました。里山風の柄もいいなと思い、縫い直すことにしました。
胴裏と八掛は新しくして、私のサイズに全部を合わせて頂きました。胴裏と八掛を縫い合わせるところが寸法通りにいかずに大変手間取りました。何とか仕上げました。前回の単衣を着て出かけた時、とても着心地のよさを感じたので、袷を着てみるのがとても楽しみです。


やまもとコメント
単衣と比べると袷は手間が掛かります。単衣や長襦袢を何枚も縫わないと袷を教えてもらえないという事を現代でもよく聞きます。ある程度のプロを目指すのであれば,当然その方が早く仕事を覚えられるので合理的です。

でもブログで見ての通り、教室ではご自分の物を縫うのでそのようなことはありません。山本流の運針技法が一ヶ月ほどで身に付けば,振袖でも帯でも直し物でもリクエストを受け付けてます(基本からずれたもの無理な時もありますよ)

 

「縫うことに充実し楽しんでもらう」お陰様でお教室には笑顔が溢れています。

「目の前の一人によりそう」20年前に一人の夢を叶えるために始めた和裁教室。

いまでは全国に広がっています。

 

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025411
この記事に対するトラックバック