映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

吉岡政江展:2月20日〜3月20日、工房サロンにて開催します
生徒作品展:4月19日(金)〜24日(火) きるものがたり展’18 そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 初心/初めの一歩 | main | 9月のお教室 >>

色抜き染替え道行コート

作品名 色抜き染替え道行コート
制作者 Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

娘の頃着ていたピンクのコートを色抜きし、染め替えました。色が濃くなり、模様がくっきり出て、全く違う感じになりました。裏地も工房で気に入った柄を見つけてとてもお洒落に仕上がりました。
細かく縫うのが大変でしたが、何とか形になり満足しています。
くるみボタンの仕上げ方や、紐の返し方等、色々とプロの技を教えて頂き、学ぶ事ができました。自分でコートが縫えるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。充実した時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。


やまもとコメント
染替えて自分の手で仕立て変えるプロセスを体験できたことは、面白かったと思います。

こうした、生地を生き返らせる仕事はワタクシもやりがいがある仕事です。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025412
この記事に対するトラックバック