映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
「やまもと工藝 セレクトコーデネート展」2017年 10月 3日(火)〜 7日(土)10:00 〜18:00
 ・・・・・・紅花染めワークショップ・・・・・ 10月/5日、6日、7日 10:00〜 14:00〜
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3月のお教室 | main | 4月のお教室 >>

浦野理一「ラスト反物」展2月20日〜

どうもありがとうございました。
浦野展は告知上終了致しましたが、ご熱望が多く終了後も予約が入っている状態です。お答えする形で会期を延長する事になりました。
4月11日までと致しますが、ご予約の上ご来店いただければとお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

DMを作成した時点では掲載の数だったのですが、有志の方々から一緒にご紹介くださいと連絡があり、反物や未着用の浦野作品が数十点と集まってきました。  今後の開催予定は無いと歌い「ラスト反物]と題しましたが、広い意味での「ラスト」として今後もご紹介していきますので、ご了承の程よろしくお願いいたします。

 

浦野理一「ラスト反物」展 2月20日(月)〜3月11日(土)

昭和40年代、一世を風靡した浦野理一の着物。半世紀を経てしてなお、素晴らしい存在感ある反物として現存しているのは、特別優れた初期の作品であるがためです。

「これが最後の出会いとなるかもしれない」そんな言葉も過言ではない織りの世界です。

 

 

時を重ねてきたにもかかわらず、古めかしさはみじんも感じられない新品そのもの。この機会は見過ごさないでいただきたい。

狭いサロンでの展示販売となります。ご来場の際にはご連絡いただけると助かります。(時間予約も賜ります)

浦野理一作品の特別展は今後開催する予定はありません。

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025418
この記事に対するトラックバック