映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大島袷(芭蕉糸入り) | main | 「グランド・ジャット島の日曜日の午後」 >>

羽尺で着物

作品名 羽尺で着物
制作者 Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房での展示会にて、羽尺から着物をという絵羽が展示されており、お話をうかがったところ、生徒の中ではまだ作成をした人はいないとの事で、ならば私が!!と思い選んだ反物になります。
当時薄めの色合いの小さめの柄の小紋が作りたいと思っていたので、イメージピッタリだったのです。普段最初から羽織を作ろうという発想にはならず、羽尺を広げて見る事もなかったので、これからは選択の幅が広がった様に思います。


やまもとコメント

その通り!羽尺で着物が作れるというメリットは、とてつもなく大きいのです。それが出来ると言ってくれる百貨店も呉服店も仕立て業者もまだありません。発想は山本ならではだと思います。

これから広がっていく事でしょう。その一号があなたです。この生地の取り方ならば、着物で楽しんだ後、接ぎ手を入れずに羽織やコートに変化させる事も可能なのです。

羽織として要尺は少ない「小紋」なのですが、すべての柄は合わせてあります。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025428
この記事に対するトラックバック