映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 羽尺で着物 | main | 茶の帯 >>

「グランド・ジャット島の日曜日の午後」

作品名 「グランド・ジャット島の日曜日の午後」
制作者 R.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の柄の小紋です。印象派の代名詞と言っても良い、この点描の大作を総身に絡おうとした方が、何十年か前に居たなんて!!
「和服の意匠って面白いなぁ」とずっと思っておりまして、いろいろ眺めて楽しんできましたが、泰西名画復刻着物にはびっくりです。その遊び心に思わずニッコリ。迷わず京都から持ち帰りました。
生地に痛みはありませんでしたが、寸法が小さく、内上げもありませんでしたので、解き洗い張りに出し、胴はぎを入れ、八掛もブルーに変えて、私用に完全カスタマイズ。いろいろ寄り道もしましたので、結局昨年一年掛かりましたが、大満足です。
これを着て上野でも乃木坂でも展覧会に出掛けましょう。印象派展では合いすぎなので、うんとアバンギャルドな展覧会がいいですね。
お導き下さいました先生方、本当にありがとうございました。


やまもとコメント

本紙とは一見似ていますが、大胆に変えてある所がまた職人魂が見てとれる様で、楽しめる着物ですね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025429
この記事に対するトラックバック