映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 首里の花織帯 | main | 仕立て直した大島紬 >>

彩かすみ

作品名 彩かすみ
制作者   C.U さん

 

 

 


受講生徒コメント

とても春らしい色の反物を手に取ると、「長井まわた 彩かすみ」とあり、美しい山の景色がぽっとひろがり即決しました。紬は節があって縫いづらそう・・・。と腰が引けていたのですが、布目がわかりやすく、縫いやすく、さわっていて気持ちが良くて、気分があがりました。
娘も気に入ってくれた様でうれしいです。

 


やまもとコメント

紬は縫い易いと感じたのですね、すごい!何枚目かで、その感覚の判断ができるというのは素晴らしいです。柔らか物と紬物、性質は正反対でして、紬は縫い易いけれど、実は仕立て上がりを上手に見せるのは難しいのですね。
「けれど大丈夫!」山本には森の小人が住みついています。小人を上手に働かせる為にも、皆さんが苦労している「糸コキ」、これを頑張って下さい。合格できたら「プロ級」です。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025434
この記事に対するトラックバック