映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 着付グループレッスン 参加者の声 | main | 彩かすみ >>

首里の花織帯

作品名 首里の花織帯
制作者   M.N さん

 

 


受講生徒コメント

この反物との出会いですが、和裁の稽古の日に教室の棚のはじに置かれていました。少し太めの反物、水色っぽく私の好きな感じでした。手にとり、コロコロところがして中をみたら、大好きな花織の帯。淡いピンク、水色と、色合いにもひとめぼれでした。あの着物にはどうかしら、あれにもあいそう、濃い色の着物にもと思いがかけめぐりました。

最近は着物を着る機会がなく、それでも色々とたんすの中の着物や帯を広げては、何げなくながめているだけでも幸せな気持ちになっています。ただかがるだけで、制作時間は5〜6時間でした。ちどりのかがりはできるだけ目立たないようにとの指導のもと、私なりに精いっぱい気持ちをこめて作りあげました。

 


やまもとコメント

なかなか着物を着る機会がない、そういう声をよく聞きます。そんな時の私のアドバイスは、節句の時やご自分の誕生日に着物を掛けて飾ってみたらいかがですか!と言っています。

自分の宝物なのですから、飾れば気分もよくなりますし、着物にとっても風通しとなります。身近なアイテムとして普段の生活の中に取り立ててください。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025435
この記事に対するトラックバック