映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 彩かすみ | main | 本塩沢 >>

仕立て直した大島紬

作品名 仕立て直した大島紬
制作者   M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

嫁入り道具として母が持たせてくれたもので、着付けを始めた30代前半によく着たものでした。
月日が流れると、愛着あるものでも八掛の赤が少々目立つのが気になり、箪笥の肥やしとなっていました。
今回、洗い張りを工房に発注し、八掛を表地の色に合わせた色味に替え、合わせて衿型もバチ衿から広衿に変えて仕立て上がりました。
これなら表地の赤い花も気にならない・・・かな?


やまもとコメント

着物はこういう仕立て変えが出来るのが優れ所です。解いて再生が出来ることが和裁の絶対条件になっています。また赤い花の色も将来的に気になるようでしたら、色を落ち着かせることも出来ます。このような再生する技術が各項目に於いての職人に確立されているのです。

日本の文化としてもっと知られて欲しいですし、和裁技術も下支えしている、着物の世界を最大限に活用していただきたいです。お母様もきっと喜ばれていることと思います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025438
この記事に対するトラックバック