映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仕立て直した大島紬 | main | ソファーカバーが着物に >>

本塩沢

作品名 本塩沢
制作者   M.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて着物を縫いました。先生に縫いやすいものを選んでいただき、その中から好きなものを選びました。基本のぐし縫い、三つ折りぐけ、本ぐけなど、まだまだ思うようにいきませんが、先生の丁寧なご指導のおかげで、初めての着物が縫い上がりました。単衣の季節がくるのを楽しみにしています。出来映えはさておき、出来上がったことに80点をつけたいです。今は紬の袷に挑戦しています。


やまもとコメント

丁寧という言葉をいただけるのは、私達にとってこの上ない褒め言葉になります。それはこの工房のモットーにしている「目の前の一人に最高の丁寧で接する」が実践できたのかな!と感じられるからです。

一枚の着物(仕事)にもそうです。「決して大きな目標だけを見るな捕われるな、目の前の一人に全力の丁寧で接しなさい」と教えています。すべて一人から始まります。それだけで自然と社会へ、世界へ繋がっていくのですね。大成は自ずと出来上がってきます。いまの私があるのも、この御陰だと思っていますし、壮大な目標や計画は、だらしのない私には難しかったのですね。不器用な方にお勧めの思考です。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025439
この記事に対するトラックバック