映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本塩沢 | main | 10月のお教室 >>

ソファーカバーが着物に

作品名 ソファーカバーが着物に
制作者   冨田 御幸 さん

 

 

 


受講生徒コメント

ある時、ある呉服店で出会ってしまったのです。
「なんて素敵な布地!!!!!」
「色合いも、織り柄も、そして全体から醸し出される落ち着きのある明るさも、大好きだ」
「反物ではないから、着物地ではない。それはわかる」
お店の人も「これは着物にはできませんよ」
「でもこの布地と別れることなんてできない……」
「そうだ、ソファーカバーにしよう。クッションカバーもいい」
そして出来上がったのが、この着物です。葛藤の末、着物にしてしまいました。
今年のお正月のお出かけには3回も着て、大満足です。
(ちょっと主張が強いかな…、ハデ過ぎるかな…、と思いつつ)


やまもとコメント

川島の織ですね。どうしても気に入ったこの布できものを作りたい!そう思うのは当然です。山本にお持ちいただいて正解です。専門店で出来ないと言うのは、現在の和裁技術に布をはめこもうとするからですね。逆に布に技術をはめこんで、きものになるよう丁寧な知識をそそいであげればいいわけだけど、苦労は惜しむ”な”の”な”が抜けちゃうんですね。冨田さんさすが、着こなしていました。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025440
この記事に対するトラックバック