映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初めての羽織 | main | グリーンの袷 >>

染替えの紫無地

作品名 紫の色無地
制作者   N.T さん

 

 


受講生徒コメント

着物をほどいて染め直した反物を何度か教室で目にしています。
それはとてもすてきな色に染め上がっていました。「私も!」と思い、今では派手すぎて着ることのないオレンジ色の無地の着物を染め直しました。染め上がってきた時は不祝儀用?かなとも思いましたが、出来上がって羽織ってみると、ちょっと色っぽいかも。
お気に入りの一枚ができました。


やまもとコメント

私共も幾つも扱わせていただいて「さすがにこれは無理かも」と思う物もありました。しかし着物がよみがえるとはまさにこの事だ、と思わざるを得ない現場に何度も立ち会うことができ、お客様や生徒さんの喜ぶ笑顔に支えられて今があります。こういう言葉をいただけて、次もがんばろうと私もエネルギーをいただいています。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025442
この記事に対するトラックバック