映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぜんまい紬 | main | 「やまもと工藝 セレクトコーデネート展」を開催します >>

初めて縫った浴衣

作品名 初めて縫った浴衣
制作者   佐々木安津紀 さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて着物を縫って、すべて手縫いで作ることはとても大変だということがよく分かりました。
一枚の布が浴衣になるというのがとても面白くて、作っている間は完成するのがとても楽しみでした。
一着縫い終えてみると「自分で作った」というのがとても嬉しいです。夏になったら着てみようと思っています。


やまもとコメント

素直な佐々木さんの人柄はとても素晴らしいと思います。教えていてもこちらが癒されるようです。これからもその達成感、高揚感、満足感を忘れることなく、続けていってください。
今後は着ることもね。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025443
この記事に対するトラックバック