映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「やまもと工藝 セレクトコーデネート展」を開催します | main | いとおしい時間 >>

大好きな黄色 久米島紬

作品名 大好きな黄色 久米島紬
制作者   S.I さん

 

 

 


受講生徒コメント

先生に「似合いそうないいのがあるよ」と見せていただいて、ひと目で気に入った反物でした。購入するまでに1年弱、縫い始めてからも2年程お休みをいただき、やっと仕上げることができました。
糸が飛んでいる部分は少し縫いにくかったのですが、膝に乗せているとポカポカと暖かく、冬に着るのがとても楽しみです。


やまもとコメント

石川さんはご自分でも織りをされますので、珍しく貴重な真綿の久米島紬・組織ものを見てほしかったのです。この仕様は山本にもなかなか入ってこない意匠です。山本には選りすぐられた久米島紬が豊富にあります。ぜひ久米島紬をきもののアイテムに入れていただきたいと思います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025444
この記事に対するトラックバック