映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グリーンの袷 | main | ぜんまい紬 >>

ピンクの小紋

作品名 ピンクの小紋
制作者 音tennis さん

 

 

 


受講生徒コメント

娘の着物を縫いましたが、自分自身は自分で着られなかったので着付を習いました。体型が変わった為、昔のは着られず、そんな時に出会ったのがこの反物でした。
このピンク色がとても気に入って、縫っている間からちょっとワクワクしました。まだ着て行く先がみつかっていませんが、きれいに着物を着れるようになる為にも、所作を身につける為にも、機会を見つけたいと思います。


やまもとコメント

はい!お手伝いしましょう。一緒に出かけたいですね。
きものの事をトータルにまかなえる「工房」は全国でも山本が初めてと織研新聞社に評価していただいた事があります。仕立てを中心とした誂え、和裁教室、着付教室、着後のシミ抜きケア、再生技法等です。今まで別々のパーツだったものが、高いレベルで集約されています。出来る限り皆様のお役に立てたらと願っています。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025445
この記事に対するトラックバック