映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いとおしい時間 | main | 11月のお教室 >>

色大島のリニューアル

作品名 色大島のリニューアル
制作者 M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

40年位昔に織られた大島紬だと思います。
伯母から母へ、母から私へと譲り渡されてきました。私の手元でちょっとリニューアル。元々は橙色・黄色・緑色などを使って、古代エジプトの壁画風の柄が織り出されていましたが、敢えて茶系の色をかけて、目立たなくさせました。落ち着いた染め上がりで、長く着用できそうな着物になり、満足しています。
初めて袷を縫いましたが、和裁の本を見てもよく理解できないことをわかりやすく教えていただき、感謝です。
お教室を続けて縫い方をマスターしたいと思っております。


やまもとコメント

色をかけて現代感覚を装った色味にするのも山本の得意とするところです。どういう指示を出していくかが意外とテクニックを要します。理想に近づけるのは、ただただ発注してもできないのです。今まで失敗も数知れず、今では染める側のクセまで把握して、バランスを保てるようになりました。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025446
この記事に対するトラックバック