映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大好きな黄色 久米島紬 | main | 色大島のリニューアル >>

いとおしい時間

作品名 いとおしい時間
制作者 Y.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

工房で見せていただいた反物の中から、濃い紫のお色と、染めの格子の柔らかな印象に魅かれて選びました。
やわらかもので袷は初めての挑戦だったので、最初は少し難しく感じましたが、縫い進めていくうちにだんだん魅力に引き込まれました。やわらかく手に重みを持ってしなだれかかってくるような感じが何ともいとおしく、うっとりするような甘美な時間を過ごせました。
このお着物に袖を通すたび、その時間の記憶もよみがえってくると思います。導いてくださった先生に心より感謝いたします。ありがとうございました。


やまもとコメント

山本にはこの色違いの物が、シリーズのようにありました。2色しか使っていないのにもかかわらず、無限のグラデーションを感じる奥行感に魅力を覚えたのです。共感していただけて嬉しいです。Tさんは着物のコーディネーターを目指されたらいかがですか、表現力がとても素晴らしいので!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025447
この記事に対するトラックバック