映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12月のお教室 | main | 織楽浅野名古屋帯 >>

テディベア柄の長襦袢

作品名 テディベア柄の長襦袢
制作者 Y.S さん

 

 

 


受講生徒コメント

淡い色合いの長じゅばんがほしくて、教室で先生に見せていただいた物から選びました。テディベア柄はかわいすぎるかな、と思いましたが、長じゅばんなのでいいか!と思いきってみました。長じゅばんは2枚目ですが、前回縫ったときよりも縫いやすい反物で、早くできたように感じます。
これからの時期に合う色合いなので、着るのが楽しみです。


やまもとコメント

長襦袢で山本がこだわるのは肌触りです。講習会のようにして手で触れて比べられる体感をえられると一発で解るようになりますが、しなやかで柔らかいのですが強さもあると言ったところ。。文章ではなかなか伝わりませんよね。

柔らかくて弱いのは良くありますし背縫いが一回の着用でへばれてしまう物まであります。山本の背縫いは羽二重を重ねた上、鬼の様な(一寸の中に20針以上)返針を重ねて施します。これはプロ仕様になりまして教室では希望者のみです。

接着された様な見え方で、まずへばれるということはありません。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025450
この記事に対するトラックバック