映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 洗える絹の単衣 | main | 再生の絽小紋 >>

入れ子菱模様の単衣用名古屋帯

作品名 入れ子菱模様の単衣用名古屋帯
制作者 K.萩原 さん

 

 

 


受講生徒コメント

他の生徒の出来上がった名古屋帯を工房で拝見して「すてき!」と思わず声に出すともう一本、色違いのモノがあるとのこと、

渋めのオリーブ系ですぐに購入を決めました。最近は単衣を着る時期が長くなり、出番の多い帯として活躍してくれそうで楽しみです。
表地に出さないように、縫代と芯地を止め縫いするのが難しかったです。

 


やまもとコメント

素材は麻100%で素材感があります。その上でモダンで素敵な手染めの染め帯ですね。

手の込んだ意匠というのは語らずとも人に「いいな』と感じさせてくれます。ですからそれを身につけることは自分が昇華されることはもちろん、他人をも幸せにできる力があります。そんな商品が格安だとしたら嬉しいですよね。山本はそういう物を念頭にご用意しています。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025452
この記事に対するトラックバック