映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テディベア柄の長襦袢 | main | グレーのタッサーシルクの袷 >>

織楽浅野名古屋帯

作品名 織楽浅野名古屋帯
制作者 Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

お教室で着物に合わせて紹介していただいたものですが、素敵な帯が仕上がったと思っています。色もいろんな着物に合わせやすそうで、気に入っています。
初めての帯で、教えていただく通りに芯を入れ、まわしたり裏返したりしているうちに、あっという間にできた印象で、着物も同じですが、一枚の布の日本人の無駄のない使い方に感心をおぼえます。自分で着付!もまだ出来ませんので、人前でしめられるようになるまでは、まだまだかかりそうですが、がんばります。


やまもとコメント

ホント素敵な帯ですよね。「織楽浅野」私のお勧め帯です。名古屋帯になりますがポイントも多く決して簡単ではないのですが「あっという間」と感想を言っていただけるのは嬉しい限り!是非ご興味のある方はご自作にチャレンジしてください。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025454
この記事に対するトラックバック