映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 入れ子菱模様の単衣用名古屋帯 | main | 初の柄合せ付下げ >>

再生の絽小紋

作品名 再生の絽小紋
制作者 M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

知人からいただいた着物です。
汚れや痛みもありましたが涼しげな色と柄が気に入りましたので、是非活かしたいと洗張りをしてから仕立て直すことにしました。絽目がはっきり見えるので、縫いやすい面もありましたが、地の目が相当まがっていて布目を通すことが難しい場所があり大変でした。何とか形になりましたので、来年の夏に着用するのが楽しみです。綺麗に着れるように、袖と前身頃を入れ替えて仕立てることも教えていただきました。どうもありがとうございました。


やまもとコメント

着用していきますと上前が傷みやすく、それらは下前に移動させますが、とうとう綺麗な部分がないとなるとお袖まで使って再生していきます。

素敵な意匠ですから、とことん着てあげてください。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025455
この記事に対するトラックバック