映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一つ紋の色無地を紋無しに | main | 結城紬の単衣 >>

菱小紋の道中着

作品名 菱小紋の道中着
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

色やちょっとモダンな菱柄が好きで頂いた羽織でしたが、羽織ってみると何とも重くて袖を通すこともなかったものでした。
今回、単衣の道中着に仕立て直して、気のせいかもしれませんが、軽くなったように感じます。これならば気楽に羽織って活用できそうで楽しみです。
なかなか思うようには手を動かせず、はかどらない縫いです。それでも続けていれば出来上がり、満足感を得ることが出来ます。だから続けられるのかな・・・


やまもとコメント

着物という大きな作品を自分の手で作り上げられたら。それを着て出かけられたら。。素晴らしい経験値になります。

針を持つなんてとても無理!未知の領域に見えて。。山本に来る方はほとんど全員そんな方。ではなぜ、これだけの作品群が完成していくのか。

それは、私には無理と思っている初心方も、運針が出来るようになる山本のシステム的な技法と、完成に導ける指導スキルを持ち合わせているからです。

(ブログ「きるものがたり」に登場している生徒作品数は半分以下です)

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025459
この記事に対するトラックバック