映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日より「吉岡政江」展を一ヶ月開催いたします | main | 4月のお教室 >>

両面染めの小紋

作品名 両面染めの小紋
制作者 K.R さん

 

 

 


受講生徒コメント

単衣の着物は浴衣とウール物しか持っていなかったので、1枚おでかけ用の単衣物が欲しくて購入しました。裏と表で柄がちがっていて、ちらちら見える裏の柄のピンクの縦縞が気に入っています。単衣物はあまり着る機会がありませんが、せっかくなので、お天気のいい日にお出かけしたいと思います。


やまもとコメント

両面染めは1反に3反分の手間を掛けているといってもいいのです(ピンキリで物にもよりますが)。片側づつ仕上げるわけですが、その都度に裏側に表の染めが染み出ないように防染加工(全面糊ふせ)を施すのです。袷にしたら見えないので単衣にして、布の動きの中でひるがえった時に見えるのが素敵ですよね。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025461
この記事に対するトラックバック