映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4月のお教室 | main | 接ぎ合わせ名古屋帯 >>

ベージュ鼓柄の袷

作品名 ベージュ鼓柄の袷
制作者 M.K さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

亡き母に「着物の柄はどんなものがよいか」と聞かれて、「鼓の柄はどうかな」と返事をしたことを覚えています。
それから、何度も着て、愛着ある一枚になりましたが・・・いつの間にか箪笥の中に仕舞ったままになっていました。
工房に通い皆さんの作品を見ているうち、この着物も再生できるのではないかと思いたつようになりました。そして今回仕立て直しにとりかかり、完成いたしました。技術的な面はまだまだですが、自分なりに満足のいく一枚となりました。お正月に着ようと思います。ありがとうございました。

 

やまもとコメント

お母様の想い出とともに、あなたの為に寸法も新たに蘇ったきもの!しかもご自分の手で。素晴らしい。教室でもいただいた着物や、受け継いだ着物いろいろありますが、縫い直す事で新たな息吹が注ぎ込まれ、生まれ変った事を感じる事があります。私達の仕事に魅力とやりがいを感じる瞬間です。

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025462
この記事に対するトラックバック