映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベージュ鼓柄の袷 | main | 着付け『名古屋帯集中講座を受講して』 >>

接ぎ合わせ名古屋帯

作品名  接ぎ合わせ名古屋帯
制作者  NONNA N. さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

私の地元のデパートが、1年に一回くらい手芸材料展を開催します。数十年前、そこで”これは面白そう、何かに使えそう”と思って買った数枚の端切れ(端布)が、この度一本の名古屋帯に変身しました。
この帯に似合う帯はどれか?合わせてみるのが楽しみです。昨年から今年にかけて4本の名古屋帯を縫いました。4本目にしてようやく「縫い方ノート」を作り始めました。あと「お太鼓の仕上げ」を書けば一段落です。今後縫う度にノートの手直しをしていくつもりです。文字に書き表しづらいのが、表地と芯地との釣り合いですが、これは枚数を重ねて縫っていくうちに覚えてゆきたいと思っています。

 

やまもとコメント

帯のお仕立ては、デジカメで記録を取ってしっかり覚える人もいるほど。そんなことも自由に許してます。ただ動画はお断わりしています!私がやっているところを撮りたいといわれた事も!恥ずかしいのでね。

もう帯のポイントにお気付きですね。芯を詰まらせて表がボコボコの酷い状態の帯を良く見かけます。

やまもとでは芯を工房内で水通しして詰めるだけ詰めて整理します。手間が大変かかりますが将来にわたって美しい仕上がりを保つ事が出来るのです。ただこれは50cm以上詰まりますので、通常市販の帯地では足りなくなってしまいますのでご注意を。ここだけで出来る特異な仕様です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025463
この記事に対するトラックバック