映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 針の持ち方から | main | シーサー出張中 >>

コート

作品名  コート
制作者  N.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

知人より「コートにでも作り変えて」といただいた着物でした。自分の気に入った柄でもなかったので、なかなかやる気が起きません。でも不思議です。洗い張りをしていただき、裄の長い私用に、先生が色々柄を合わせて継ぎ接ぎをしてくださると、まるで別の物の様に愛着がわいてきました。ちょっと柄のせいで目がチカチカして縫うのが大変ではありましたが、素敵なコートに仕上がりました。普段着使いに愛用したいと思います!
先生、いつも無駄に手足の長い私の為に、色々考えて下さり、ありがとうございます。私サイズの着物たちが増えていき、とても嬉しいです。どうもありがとうございます。


やまもとコメント

巻物に巻いてある時にはなかなかイメージが湧かないですよね。雨コートは大変技術を要する仕立物です。身長のあるTさんですので、着た時に流れるような縦横の絣が綺麗に見えると思います。紬地で寒い時季にも暖かく、ガード加工も施してありますので気兼ねなく着れますね!

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025466
この記事に対するトラックバック