映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ティーンズ用長襦袢 | main | 第10回「きるものがたり展」を開催します >>

藍染めの上っぱりと半巾の帯

作品名  藍染めの上っぱりと半巾の帯
制作者  N.N さん

 

 

 


受講生徒コメント

母が持っていた物で、浴衣に仕立てようと思ったのですが、何故か長さが足りず、

先生から「母用の上っぱり(サイズ小さいです)」と「帯」にしてはどうかとご提案いただき、そうすることにしました。
期せずして母とお揃い(柄だけですが)という事になり、いつもは作りっぱなしで着ていない私ですが、ちゃんと使おうと思います。


やまもとコメント

長着にならずとも、コーディネートして仕立て上げる事で新しい命を吹き込むのが我々の使命ですね。お母様とのお揃い柄!素敵です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025472
この記事に対するトラックバック