映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初めて縫った浴衣 | main | 大好きな黄色 久米島紬 >>

「やまもと工藝 セレクトコーデネート展」を開催します

2017年 10月 3日(火)〜 7日(土) 10:00 〜18:00

袋帯「パーリッシュ 余韻」
帯締 龍工房
帯揚 ワークショップ作品「紅花染め」

各産地の風土から生まれた貴重な布々のなかから、山本の視点で選りすぐられたコーデネート例をご堪能いただきます。
各パーツが絶妙に織りなすハーモニーに「あっっいいな」とお感じいただければ幸いです。
●この期間中は通常価格より10〜40%引きになります(加工料除く)

■紅花染めワークショップを開催
その昔、金よりも高価だった紅花の染料。そこから生まれる色は人々を魅了しました。
そんな草木染を体験いただき、自作の紅花染め帯揚げを手にしていただけます。

日 時:10月/5日、6日、7日  
    10:00〜 14:00〜
費 用:4,600円(正絹材料費込み)
持ち物:エプロン、割烹着など
申込み:前払い制/先着順 電話かメールにてお申し込みください
 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025474
この記事に対するトラックバック