映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「沖縄染織 いざなふの風 」会場の様子をお届けします | main | グループレッスン5回目 >>

仕立直し

作品名 仕立直し
制作者   Y. T さん

 

 

 


受講生徒コメント

着物をわけていただく機会を得て、初めての仕立直しをする経験ができました。

当り前のことですが、身長や体格が違ったり、汚れのあるものであっても、

先生の素晴らしい技でうまく組み替え、新たな命を得ることのできる着物は、

万能で、素敵だと実感できました。


やまもとコメント

着物は仕立て変えが出来るのが優れ所です。解いて再生が出来ることが和裁の絶対条件になっています。仕立て変えが可能と、なんとなく知ってはいても実際に仕立て直してみると和裁の奥深さに気付かされる瞬間が多々あるかと思います。これからも和裁技術の素晴らしさをお教室を通じて感じていただけたら嬉しいです。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025475
この記事に対するトラックバック