映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 単衣から袷お召長着 | main | ティーンズ用長襦袢 >>

夏羽織

作品名 夏羽織
制作者   T.大木 さん

 

 

 


受講生徒コメント

知り合いから頂いた反物で、練習に使ってねと言われましたが、透けているから縫いやすいと思っていたら布地が硬くて針が通らないのにビックリ!大変でした。
でもようやく仕上がって、いつになくとっても嬉しいです。

苦労した分、嬉しさも増しました。先生も苦労でしたよね。有難うございました。

 

やまもとコメント

透けるものは、単衣ですし袷より簡単と思われる節もありますが、そうではありません。。袷にはない仕様の施し方が幾多と増えてきますので、それらを品物が持ち合わせている性質(透け感、意味合い)などを鑑みながら縫い方を決めていきます。

また、袷にはない縫い込みをくけ付けるという皆が苦手!(笑)にしている技術がかなりあります。透けるだけに余計に縫い込みの始末が大変なのです。

 

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025477
この記事に対するトラックバック